遅刻・無断キャンセルのペナルティについて

 全身脱毛サロンとして口コミでも評判の「シースリー」は、指定していた日時に間に合わず遅刻してしまうと、ペナルティとしてキャンセル料が発生してしまいます。そのため間に合わない場合は早めに電話でサロンに連絡を入れておきましょう。


【シースリーは予約が取りやすい】
 全身脱毛を気軽に受けられるとして、幅広い世代の女性から高い支持を受けている脱毛サロン「シースリー」は、全身脱毛ケアに特化した施術コースが魅力的なサロンの一つです。
 シースリーではリアルタイムで予約状況をチェックすることが出来る独自のシステムを導入していることもあり、比較的予約が取りやすいサロンとしても人気があります。
 しかしせっかく日時を指定したのに、当日用事が出来たり、体調が悪くなったりして遅刻してしまう場合のペナルティの有無をご紹介していきます。


シースリーで遅刻したらどうなるの?

  1. 遅刻したらどうなりますか?
  2. 遅刻しそうな時は必ず電話!
  3. 遅刻の連絡をしないとどうなる?
  4. 予約1分前までに連絡をしよう


遅刻したらどうなりますか?

 シースリーでは基本事前に連絡なしで、無断で遅刻をしたりキャンセルをしてしまった時点でペナルティが発生します。シースリーには全身脱毛コースとして回数パックコースと回数無制限コースがありますが、回数パックコースの場合、遅刻をした時点でペナルティとして一回分が消化された上で、キャンセルされてしまう可能性が出てきます。
 回数無制限の場合は違約金として3000円の支払いを行う必要があります。遅刻した時間によっては、すぐに施術を受けることが出来る場合もありますが、後に控えている方も多いので、施術を受けることが出来ずにキャンセルされてしまう可能性も高いので、安心してケアを行うためには、できるだけ連絡を行いましょう。
 そして、ばっくれは絶対にしないようにして下さい。

【無断遅刻した場合のまとめ】
契約コース ペナルティ
回数パック 1回分消化
月額制 違約金3,000円


遅刻しそうな時は必ず電話!

 シースリーでは、施術コースによって1ヶ月に2回施術を受けるタイプから、3ヶ月に1回のペースで通っていくタイプに分類されます。そのため1ヶ月に何度もケアを受ける場合なら、予約日なども忘れず通うことが出来ますが、期間が空いてしまうと指定した日にちや時間を忘れてしまうという方も少なくありません。
 また仕事をされている社会人の方なら、仕事の関係でサロンの時間に間に合わずに遅刻をしてしまう恐れも出てきますので、どうしても時間に遅れてしまうようならできるだけ早くに電話で連絡を入れるようにしましょう。
 キャンセルの連絡はメールと電話の2つで行えますが、メールの場合チェックに時間がかかってしまう恐れがあるので当日キャンセルの連絡なら電話を使用しましょう。もちろん、遅刻する場合も電話連絡必須です。

遅刻の連絡をしないとどうなる?

 万が一シースリーで指定した日時に間に合わずに、無断で遅刻をしてしまうと、規約どおりペナルティが発生してしまうので、サロン側にも迷惑をかける原因となるので遅れてしまう場合は、必ず連絡を入れるようにすることが重要です。
 ただ一度キャンセルを行うと、日時変更をするためには専用のシステムを利用する必要があります。毎月1日の0時に公式ホームページにある「どこでも予約ご利用申請受付フォーム」から日時を指定して予約を行う必要があります。
 仕事帰りに立ち寄りやすい夕方から夜間の時間帯や、土日は特にすぐに埋まってしまう傾向にあるので、注意が必要です。万が一希望していた日時がいっぱいでケアを受けることができなくなってしまったというなら、リアルタイムでキャンセルが空いた部分を知らせてくれる「いまカラ・かよエール」というシステムがおすすめです。

予約1分前までに連絡をしよう

 予約をした日付はきちんと覚えているけれど、当日は仕事や用事の関係で指定した日時にサロンに行くことが出来ず、遅刻してしまうという場合や、体調が悪くて行くことが出来ないといったトラブルもめずらしくありません。
 そんな時は、無断キャンセルは絶対行ってはいけません。シースリーではペナルティが発生し、回数コースなら一回消費、月額制コースなら次回時に3000円の支払いが発生します。このようなトラブルを防ぐためにも、予約した日時の1分前までに利用しているサロンに直接電話連絡をするようにしましょう。
 時間帯によっては、スタッフが電話に出れない可能性もあるので、時間に余裕を持って連絡をしないとキャンセル扱いとなってしまうので、当日キャンセルや遅刻の連絡は当日、分かった時点で電話するようにしましょう。