中学生が脱毛する際の注意点

 シースリーでは、中学生でも脱毛は可能です。ただ、未成年なので親の同意書が必要になるということを覚えておきましょう。また、脱毛後に気を付けなくてはいけない部分もあるので、そこは親が気をつけて見てあげる必要があります。なお、料金は学割などありませんが、安い料金となっておりますので、おすすめです。

シースリーは中学生でも脱毛できる?

  1. 学生でも通うことができる嬉しいシステム
  2. 生理が始まっているからこそ利用できた
  3. リスクに関しても理解をしてからやるべき
  4. 喜びの声が非常に多いというのも事実


学生でも通うことができる嬉しいシステム

 今の時代は、美意識が全体的にとても高く、さらに美しさに対しての意識をもつ年齢が低年齢化しています。中学生の時代から毛深さにコンプレックスを持つ子もいるでしょう。シースリーであれば、未成年でも通うことができるので、非常にありがたい限りです。実は、私の子供も体の毛深さが気になっていたということで、通わせてあげる事にしました。
 親からすれば全く気にする必要がないくらいだったのですが、やはり年頃の女の子ですし、そこは仕方のないところでしょう。シースリーで受けることができるというのは私も知っていましたが、親の同意書が必要になるということでした。一緒にカウンセリングに同行した時に、その説明をいただいたので、しっかりと記載して提出する事にしました。 やはり、こう言った決まりをしっかりと設けているあたり、きちんとしたお店なのだと実感できます。ちなみに、同意書に関しては、ホームページからダウンロードできました。

生理が始まっているからこそ利用できた

 また、中学生のうちは、まだ生理が始まっていないことがあるでしょう。シースリーのカウンセリングで聞いた話ですと、生理がまだ来ていないような状態の場合、ホルモンバランスがしっかりと整っていない証拠ということで、あまり効果を感じられないケースがあるとのことです。
 ただ、私の子供はもう生理が始まっていたので、安心して通わせることができました。やはり未成年ですから、親としても心配ですし、その辺はきちんと見てあげたいところです。カウンセリングで担当のスタッフさんが隅から隅まで説明をしてくれたので、迷うことはほとんどありませんでした。
 また、気になる料金に関しては、特に学割制度といったものがなく、通常通り支払う事になりました。もちろん親である私が支払うので、特に問題はありませんでした。支払方法に関しても、分割のローンや現金一括払いなど、様々な中から選べるというのも、一般的な成人の方と一緒です。ただ、月々5800円で分割払いができることを考えると、学生でもなんとかなる料金設定なのかな、とも感じました。

リスクに関しても理解をしてからやるべき

 大人と違って好奇心旺盛な時期ですし、活動的な上になかなかうちの子供はいうことを聞かないタイプです。なので、しっかりと言い聞かせておかなければ、脱毛をした後に生じるリスクを理解してもらえない可能性が出てきます。そうなっては悲しいので、きちんと親として言い聞かせました。
 例えば、脱毛後は日焼けをできるだけ避けなければならないので学校へ行く前は日焼け止めを塗るよう注意しました。黒くなってしまったお肌には、脱毛施術を施すことができないのだそうです。お肌に炎症を起こさないためにも、親がきちんと観察して、危ないときは注意してあげなければならないと、強く実感しました。
 中学生や小学生の子どもに脱毛を進める場合は、親も注意事項は十分に理解しておきましょう。

喜びの声が非常に多いというのも事実

 もしかしたら、未成年のうちから脱毛施術を受けるのは、どうなのか?と思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、その境界線を思い切って飛び越える事によって、自分に大きな自信を持つきっかけになるはずです。実際に私の子供も、シースリーで脱毛施術を受けてからというもの、非常に明るい性格になりました。
 今まで自分の毛深さに対して、いかに大きなコンプレックスを抱えていたのかがわかります。中学生という事で、親としてもエステティックサロンに通わせる事に、最初は抵抗がありました。でも、インターネット上の口コミ情報などを見る限りでは、やはり未成年の子供達でも、シースリーの施術を受けて本当に良かったという声が多いという事実があります。この事実があるからこそ、私も安心して我が子を通わせることができました。結果として、通わせてよかったのだと思っています。