日焼けをしても脱毛が出来ますか?

 シースリーをはじめとする、光脱毛やフラッシュ脱毛では、日焼けをすると施術ができません。なぜなら、逆効果になったり痛みが発生することがあるからです。夏に限らず春や秋などの季節にも過ごし方を気をつける必要がありました。

シースリーに通う際の注意点

  1. 日焼けをすると脱毛が出来ない理由
  2. 肌トラブルの危険性
  3. シースリーで脱毛するとき、どのような日焼け対策が必要?
  4. もしも日焼けをしてしまったらどうすればよいの?


日焼けをすると脱毛が出来ない理由

 エステティックサロンに通っている期間中に肌を焼いたりするのは、肌トラブルの原因になって、うまく照射できないことになります。そのため、サロンに通っている時期に肌を焼くことは禁止されているのです。また肌を焼くことが禁止されているのは大きく分けて3つの理由があります。まずは、肌を焼くことによって肌が乾燥してしまいますので、痛みを感じやすくなります。皮膚の水分が蒸発すると、フラッシュの刺激で痛みが倍増してしまいます。
 次に、フラッシュ脱毛のは、黒い色、すなわちメラニン色素に反応してしまいます。日焼けをするとメラニンが多く発生するのです。そのため、うまくターゲットに照射出来ないので脱毛効果が出ない場合があります
 そのような理由から、夏に脱毛をしる場合は長時間の外出時は、日焼け止めなどを塗るなどしてしっかりと日焼け対策をしましょう。とくに、今の時期は、より一層気をつけなければいけません。

肌トラブルの危険性

 シースリーでは、肌が日焼けした状態だと肌トラブルが起きやすいといった理由でも禁止されています。日に当たり肌が黒くなっているときは、軽いやけど状態になっているようで、そのようなデリケートな部分に光を照射すると、より一層肌荒れを起こしてしまうといった理由もあります。シースリーに限らずフラッシュ脱毛を行っているサロンは、基本的に通っている期間は気をつけるようにしなければなりません。
 最初の無料カウンセリングの際に、しっかりと注意点を聞いておけば安心ですね。

シースリーで脱毛するとき、どのような日焼け対策が必要?

 夏だけではなく、春や秋にも日焼け対策はした方がいいでしょう。曇りでも紫外線のダメージは強いものです。そのためには、外出する際にはこまめに日焼け止めクリームを塗ったり、日傘を用意することをオススメします。
 夏の時期には気をつける人が多いのですが、実はメラニンを生成する原因となる紫外線は、春や秋にも多少なりとも出ています。ですので、外出する際には紫外線のダメージを受けないようにクリームを塗ったり、袖付きの服を着たりしましょう。日傘をさしたりするのも有効です。自分で思ったよりも悪い影響があちこちに出てきそうで、綺麗な仕上がりを目指すなら注意して生活した方がいいなぁと思いました。

もしも日焼けをしてしまったらどうすればよいの?

 シースリーでは肌を焼いてしまったという時には施術ができません。その日だけではなく、日焼けの症状が良くなるまで、つまり2週間~1か月程度は施術ができないという風に考えたほうが良いでしょう。一般的な基準としては、2か月以内に肌を黒くするような長時間の外出などがあると、施術がNGとされる可能性があります。そのため、夏の過ごし方についてはなお気をつけるようにしましょう。
 しかしシースリーであれば、安い月額料金で無期限で通うことができるというプランがあります。そのプランでしたら、日焼けしていない部分の脱毛だけお願いして、日焼けした部分は後日ということも可能です。
 日焼けしてしまった場合は脱毛の効果がないどころか、悪影響などがあり逆効果になることがわかっています。そのため、長く付き合うことができるサロンを選ぶ必要があるなあとも思いました。その点を考えてみても、シースリーを選んだことは正解だと思いました。

この記事に関連するコラム

脱毛レポート~期間・回数・時間は?~

 シースリーでは月額支払いで通い放題、期間の制限のないプランが人気があるようです。シースリーの脱毛の施術時間は、大体45分から1時間程度で、頻度は約2か月に1回というのが一般的であり、効果が感じられる...続きを読む

広島店で脱毛!何回で効果を実感できるの?

 シースリー広島店は、広島電鉄八丁堀駅から歩いてすぐという便利なところにあります。スタッフの人は気さくで優しく、比較的予約も取りやすいので通いやすい脱毛サロンです。数回通うと効果を実感することができま...続きを読む

料金の支払い方法について

 シースリーでの料金支払いは、毎月5日に引き落とされる月額払いが一般的です。いくつかの信販会社と契約してローンを組むことになるのですが、信販会社は複数契約していますので、審査の面で心配することはありま...続きを読む