施術が出来ないことがあります

シースリーの脱毛はお肌にやさしいIPL脱毛を採用しています。このIPL脱毛というのはメラニン色素以外には反応しない特殊な光を使用しています。
そのため、余計なダメージを与えず、とても安全な脱毛が可能なのです。しかも、この方法は非常に強力な脱毛効果があります。出力の大きさが大きければ医療レーザー脱毛としても行われているものなのです。
このような方式のIPL脱毛でも脱毛を断られてしまうことがあるのをご存知でしょうか?そのようなケースはどのようなものなのかまとめてみたいと思います。

1.アレルギー体質の方
アレルギー体質の方と書いてしまうと、アレルギーがある方はみなさん脱毛が出来ないように思われてしまうからもしれませんが、そんなことはありません。
アレルギーの中でも一部の症状や、一部の原因に起因するアレルギー体質の方が脱毛をすることが出来ないというだけです。
まず、アレルギーの症状から考えてみたいと思います。アレルギーの症状にはどのようなものがあるでしょうか?花粉症な度であれば鼻水やくしゃみなどが思い浮かびますよね?また、咳が止まらなくなるという症状もあります。
このような症状の場合はあまり問題になりません。ですが、お肌の表面にアレルギー反応が出てしまった時は脱毛の施術を受けることができません。どういう症状かというと食物アレルギーの方に多いのですが、お肌の表面に湿疹や蕁麻疹などができてしまうことがあります。
このようにお肌の表面に異常があるときには脱毛の施術を行うことが出来ないのです。
また、原因から考えてみたいと思います。アレルギーの原因で脱毛が出来ないものがあるのでしょうか?例えば花粉症なら脱毛が出来ないなどということはあるのかというと、実はあるのです。
どのようなアレルギーかというとそれは「光アレルギー」の方です。光アレルギーがある方は脱毛が出来ないのです。なぜなら、IPL脱毛もフラッシュ脱毛の一種で強力な光を使用します。その光がアレルギー反応を引き起こしてしまう恐れがある為、光アレルギーの方は脱毛が出来ないのです。
光アレルギーもすべての光に反応してしまうわけではないのですが、もし、万が一脱毛機の光に反応してしまうと非常に危険です。光アレルギーの症状というのは大きなトラブルになることが多いので、リスクは取らないようにするのが賢明です。

2.糖尿病の方も脱毛出来ません
糖尿病の方も脱毛が出来ない方に分類されてしまいます。一見糖尿病と脱毛には何の関係も愛用見えますが、実は糖尿病の方が脱毛をするのは非常に危険なのです。
そもそも糖尿病の方というのは怪我などが治りづらいという症状があるのです。これが原因となって脱毛が出来ないのです。
というのも脱毛の施術というのはお肌に大きなダメージを与えてしまうものですが、そのダメージはどこから来るのでしょうか?
実はIPL脱毛、つまりフラッシュ脱毛の施術というのは施術風景から見ると光で脱毛をしているように見えてしまいますが、脱毛機の光に脱毛効果はありません。脱毛機の光が毛などに吸収されて、その部分に熱を発生させる施術なのです。
その熱が毛穴の中にも発生するので、毛根や毛母細胞にダメージを与えて脱毛の効果になるのです。
つまり、この脱毛時の熱が痛みの原因である上、脱毛の際にどうしても軽いやけどが出来てしまうのです。この軽いやけどは本当に軽度なものなのですが、傷が治りづらい糖尿病の方にはこの軽いやけども大きな問題になってしまうのです。
そのため、脱毛が出来ないのです。

3.てんかんの症状をお持ちの方
てんかんを持っている方も脱毛の施術を受けることができません。てんかんというのは大きな刺激や特定の刺激を受けると痙攣や、ひきつけなどの症状が出てしまうものです。
脱毛の際にも大きな刺激が発生してしまいます。その刺激で発作が起きてしまう懸念があるのです。そのため、脱毛の施術ができません。

4.妊娠中の方も脱毛ができない
妊娠をされている方も脱毛の施術が受けられません。これはホルモンバランスの問題が大きくかかわってきます。妊娠をするとホルモンバランスが大きく崩れることがあります。
この状態で脱毛の施術をしてしまうと、多毛化や硬毛化などといったトラブルのリスクが上がってしまうといわれています。そのため、脱毛の施術ができません。
また、赤ちゃんへの影響が懸念されますが、赤ちゃんへの影響はありませんので安心してください。