夏の施術の効果を上げるために

脱毛サロンのシースリーは月額制全身脱毛が人気のサロンです。シースリーは非常に料金が安いことでも人気です。
そんなシースリーでは夏になると脱毛の人気が急激に上がってきます。ですが、実は夏の時期というのは脱毛に不向きな時期だということをご存知でしょうか?
なぜ夏は脱毛に向いていないのでしょうか?また、その向いていない理由というものが回避できないのでしょうか?
こういった点についてまとめてみたいと思います。

1.夏に脱毛が不向きな理由とは??
最初に言っておきますが、これはシースリーだけではありません。医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛全般に言えることです。
言い換えれば医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛が夏の脱毛には不向きであるとも言えます。

■日焼けが苦手
これはネットなどでもよく見かける話だと思います。脱毛中は日焼けをしてはいけないということはなんとなくごぞんじかもしれません。
ではなぜ脱毛中は日焼けをしてしまうと良くないのでしょうか?実は日焼けはやけどのトラブルにつながるものなのです。
フラッシュ脱毛というのは一見光を照射しているだけの施術のため光で脱毛をしているように見えるかもしれませんが、実は照射している光に脱毛効果があるわけではないのです。
実は脱毛というのはその光が作り出す熱による熱処理の施術なのです。
ここで問題なのはその熱を発生させる場所をある程度しか限定できないということなのです。毛にだけ本来は熱が発生するのが好ましいのですが、そういった限定的なことはできません。
では、どこに熱が発生するのかというとそれは色が黒い部分または、濃い褐色などの部分であればどこでも発生してしまうのです。
これが日焼けが苦手な理由で、日焼けした褐色のお肌は熱が発生してしまうということなのです。そのためやけどのトラブルの温床になってしまいます。
そのため、もし日焼けをしてしまうと脱毛の施術は中止しなければならないのです。

■汗が苦手
夏といえば、外にいるだけで汗が出てしまいます。実はその汗も脱毛には非常に邪魔になるものなのです。というのも汗というのは脱毛後のデリケートなお肌に最近を運んでしまうのです。
その結果赤みや腫れの原因となってしまうのです。
なぜそもそもお肌が腫れてしまうのか?というところですが、これは脱毛の施術が熱処理であるというところに原因があります。
まず、熱処理をするということはかなりの高熱が必要で、その熱が発生しなければ脱毛はできないということです。
それだけの熱が必要であるにも関わらずお肌にダメージが全くないというのはあり得ない話です。
つまり脱毛後のお肌はやけどを負っている(とはいっても熱が加わるのは一瞬ですので軽度のものです)状態です。
その状態のお肌に細菌が付着してしまったら赤みや腫れの原因になってしまうのは当然ですよね?
その問題の細菌を運んできてしまうのが汗なのです。

2.苦手な夏を安全に過ごすには?
まず日焼け対策はいつも以上に入念にするようにしましょう。脱毛の施術が中止されてしまっても契約が終わるわけではありません。休止している間も何もしなければ月額料金がかかってしまいます。
もし休止手続が出来たとしても時間は取り戻せません。だからこそ、まず日焼け対策は入念に行っておく必要があります。
もう一つは通う店舗の見直しです。店舗を決める決め手は何だったでしょうか?
夏の脱毛で最も大事なのは駅からの距離です。まず駅から遠い店舗は避けるべきです。とは言ってもシースリーは全ての店舗が駅から5分以内ですので、この点は全ての店舗がクリアしてそうです。
ただし、このポイントをちゃんと考えておくことが必須です。それは大きな駅近くの店舗の場合にホームから出口までが遠い場合があります。その部分を計算していないことがあるのです。
この点もしっかりと計算しておく必要があります。最後にもう一つです。それは駅出口から店舗までの道のりの状況です。屋根の有無や地下道を使えないかどうかなども確認しておく必要があります。
なんといっても夏に最も怖いのは紫外線です。地下街などを通れるのであればその心配はありませんし、クーラーも聞いているところが増えてきていると思います。そのため汗もかきづらいのです。
こういった道がないかというのを探しておくのも大事です。

この記事に関連するコラム

プライバシーに配慮された店舗設計

月額制全身脱毛のシースリーではプライバシーへの配慮も人気の秘密です。エステサロンでは大抵個室で脱毛の施術を受けることが出来ますが、脱毛サロンではまだまだ半個室であったり、カーテンで仕切っただけのスペー...続きを読む

シースリーの口コミを調べてみました

月額制全身脱毛のシースリーが最近非常に人気です。そのシースリーはどのようなサロンなのかを知るうえでとても重要なのがユーザーの声、つまり口コミです。 ネットでどのような口コミが集まっているのかを調べてみ...続きを読む