効果が高いと評判の高いシースリーに通うスケジュールはしっかり組みましょう

脱毛サロンのシースリーで行っている月額制全身脱毛は納得いくまで脱毛が出来るコースです。
ですが、このコースには一つだけとても大きなデメリットがあります。それはメリットの裏返しでもありますが、脱毛を目いっぱい行える代わりに脱毛を受けている期間中は月額を払い続けなければならないということです。
シースリーでは月額制全身脱毛のサロンとしては珍しく全身のパーツを1日で終わらせられることができるのです。そのため、月額制ではない脱毛と同じようなペースで脱毛をしていくことになります。
脱毛が完了するまで具体的にどれくらいの期間がかかるのでしょうか?具体的なお話をするなら脱毛の施術の間隔は毛周期によって決まります。
なぜ毛周期に合わせる必要があるのかというとフラッシュ脱毛というのはお肌の上まで伸びている毛だけにしか効果がないものなのです。そのためまだお肌の表面まで伸びていない毛や休眠中の毛は脱毛ができません。
そのため、毛周期に合わせて脱毛をすることとなるのです。
毛周期は一般的に2カ月から3カ月程度です。しかも、フラッシュ脱毛では10回程度の脱毛が必要とされていますので、2年ほどの期間がかかってしまうということです。
また、こちらのサロンでは先ほども書いた通り、脱毛をしている間月額料金は発生し続けてしまうのです。
料金を安く抑えるためにもしっかりとしたスケジュール作成が必要になってきます。そこで、スケジュール作成にあたって考えておかなければならないイベントもあります。

1.旅行の計画
脱藻と旅行はだつもうの当日にさえ当てなければ問題ないと思っていませんか?旅行の後は脱毛も大方問題ないと思いますが、旅行の直前に脱毛を行うことはお勧めできません。
旅行に行ったら温泉に入ったりしませんか?実はこれが問題なのです。湯船に入るという行為は脱毛前のカウンセリングでも指摘があると思いますが、基本的には脱毛直後は禁止です。
では、いつまで入ってはいけないのかというと、様々なお話をされる方がいらっしゃいますが、本当に安全といえるのは10日後くらいのようです。
ただし、シャワーは入ることはできますので不潔になることはありませんが、旅行となるとそれはまた別の話です。
友達とのグループ旅行の時には大浴場や温泉に一緒に入るのも旅のだいご味の一つですよね?それが脱毛直後だからと言って自分だけ部屋で留守番をしなければならなかったりしたらどうでしょう?
やはり旅行の楽しみも半減してしまうのではないでしょうか?そのため、旅行の日程というのはなるべく早めに決めておき、脱毛後10日間は避けてスケジュールを立てることをおすすめします。

また、夏の時期は特にそうですが、旅行に行くと外を歩くこともが増えるかと思います。そのこと自体が脱毛中にはあまりお勧めできなかったりもします。
というのも外を出歩けばより多くの紫外線をお肌に浴びてしまうことになりますよね?紫外線を浴びることで怖いのは日焼けです。日焼けをしてしまうと脱毛の施術が行えなくなってしまうことがあります。
そのため、脱毛直前の旅行の場合には日焼け対策をしっかりとしておきましょう。

2.生理周期
脱毛と生理の関係は非常に密着しています。というのも生理が来るとまずVIO脱毛が出来なくなります。これは経血の問題もありますし、体が敏感になってしまうことで痛みに耐えられなくなってしまう可能性があったりと色々です。
ですが、それ以上に大事なことがあります。それは生理が来てしまうとホルモンバランスが崩れてしまうためです。ホルモンバランスが崩れてしまうと体毛に影響が出てしまい、脱毛効果が出ないことがあるのです。
更にそれ以上に問題があるのはホルモンバランスが崩れているときに脱毛の施術を行ってしまうと、脱毛の真逆の効果が出てしまうことも否定できないということです。
これは硬毛化や多毛化という症状で、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛を行っているときには時々起きてしまうトラブルです。このトラブルが起きやすくなってしまうのです。