評判の高いシースリーの全身コースの注意点

脱毛サロンのシースリーは月額制全身脱毛専門のサロンです。全身脱毛というとどのようなイメージを持っていらっしゃるでしょうか?
痛い、料金が高いなどのマイナスのイメージがあるかもしれません。しかも、脱毛が未経験であるにも関わらず全身脱毛を最初から選択するのは勇気がいる琴だと思っているかもしれません。
確かに何もわからないまま全身脱毛をするのは勇気がいることですよね?時間もお金もかかることですし、全身脱毛は決して安いものではありません。
ですが、それでも全身脱毛を専門に行っているシースリーのようなサロンが最近非常に人気が高いのです。
つまり色々な方が全身脱毛にメリットを感じるわけです。では、どのような部分にメリットを感じているのでしょうか?
今回は全身脱毛を選ぶ理由をまとめてみたいと思います。

1.1か所脱毛すると他のパーツが気になる
脱毛の施術というのは非常に強力なものです。その証拠に脱毛のお試しというのはあまり見かけませんよね?
医療レーザー脱毛が強力なことはご存知だと思いますが、サロンで行っているフラッシュ脱毛も非常に強力です。
永久脱毛ではないといっても脱毛から数年間はお手入れ不要の状態になるということを考えれば非常に強力であることはお分かりいただけるかと思います。
そのため脱毛をすると脱毛をした部分と脱毛をしていない部分には差が出てしまうのです。
つまり、極端な話をするなら脱毛しているところとしていないところの境目がくっきりと浮き出してしまうということです。
実はこのポイントはサロンの営業ポイントなのです。どういうことかというとあえてその状態を作り出してその境目を指摘して、隣のパーツも進めるのです。
その結果、どんどんと脱毛パーツが増えてくるのです。
現在では営業活動も減り、境目をあえて作量な行為はなくなりましたが、その差を最も感じてしまうのは実は脱毛を受けた本人なのです。
具体的な例をあげるのであれば、Vラインがわかりやすいかと思います。
Vラインというのはいくつかのパーツに分かれていることがあります。Vラインが例えばVラインの上部と下部2つのパーツに分かれていたとします。
そのうちの下部だけを脱毛したとすると脱毛後に上部は今までと同じ毛の濃さで生えてきてしまうのです。
脱毛をしたとしてもおへそ近くの部分だけ毛が残ってしまうなんてことにもなりかねないのです。

2.料金的にもホントはやすい?
先ほどもお話しした通り脱毛というのは1か所脱毛すると隣のパーツも脱毛した方がよいのではないかという迷いが出るものなのです。
そのペースでどんどんとパーツが増えて行ったとするとどのくらいの金額になるのでしょうか?
脱毛の金額というのはセットになれば大幅に割引されるというものです。そのためどんどん増えていくと考えるとどれくらいの金額になるのか非常に怖いのではないかと思います。
全身脱毛ならパーツを追加するというようなことはありません。そのため、最初に予定した金額がすべてになってきます。
更に月額制全身脱毛なら毎月の支払金額がやすいためさらに全身脱毛のハードルが低くなるかと思います。

3.全身脱毛での注意事項
夏が近くなるとどうしても薄着になることを考えて脱毛をしに来る方がとても増えてきます。ですが、脱毛は1回で終わるものではありませんし、脱毛をはじめたら日焼けは禁物です。
全身脱毛は脱毛をする面積もとても広いため日焼け対策もしっかりと行うようにしなければなりません。
しかも、脱毛から数日間は海やプールに入ることはできません。脱毛後のお肌はデリケートになっているため海やプールなど最近が多くいる場所に入ることはできません。
さらには日焼けをしてしまうと脱毛には通えなくなってしまい、日焼けが落ち着くまでは施術が中止になるのです。
ですが、その間も月額料金が発生してしまうためせっかく安い料金であるにもかかわらず無駄になってしまいます。

この記事に関連するコラム

名駅店でおすすめ!最短45分で完了するシースリー!

 自分でムダ毛処理するよりも遥かに美しく面倒な手間からも解放されるのがプロの手による脱毛施術です。私の場合は名古屋のシースリー名駅店にて全身脱毛をして大満足な結果を得られたので、最新の機械での脱毛を望...続きを読む

ミュゼに通う前に見てほしい【全身脱毛ならシースリー】

 自分が納得したむだ毛の処理を受けることができるように、利用するサロンはしっかり比較して選びたいものです。今はサロンもクリニックも、むだ毛を処理できる施設が多くなっているので、なかなか選びにくいと思い...続きを読む

良い評判と悪い噂の実態

 シースリー(C3)では料金体系も安かったり施術の効果も表れやすいという良い口コミがあります。サロンに寄っては予約が取りにくいということもあるようですが、ずっと取れないということはなく、全体的に見てト...続きを読む