飲酒していたり二日酔いの時は施術出来ません

月額制全身脱毛のシースリーでは脱毛を断ることがあります。それは安全のためであるため、断られるような際には素直にその日はあきらめて別の日に予約を取るようにしましょう。
断られてしまう理由の一つに「飲酒」や「二日酔い」というのもあります。アルコールが体内に大量に存在している状態の脱毛の施術は非常に危険なのです。
新年会などのシーズンも終盤ですので、そろそろ落ち着いてきたかもしれませんが、その分肝臓が疲れていたりしてお酒が残りやすくなっていたりしませんか?
ちょっと不安のある人は脱毛の前日は絶対にお酒は飲まないようにしましょう。せっかくの予約がむだになってしまうことがありますよ!
では、なぜ体内にアルコールが残っていると脱毛が出来ないのかというとそれは血行の問題が最も大きいところです。
血行が良くなると脱毛の施術を受けた時にやけどになりやすくなってしまうのです。つまり血行が良いということは本来は冷やしながら行うはずの脱毛をお肌を温めながら行っているようなものであるといえます。
そのためトラブルの原因にならないよう、脱毛時にはアルコールが入っていないことが望ましいのです。

この記事に関連するコラム

シースリーの全身脱毛1回は本当に45分で終わるのか?

 シースリーの全身脱毛は特殊な脱毛器を使用しているため、本当に45分で脱毛を完了させることができます。超高速脱毛器を使用しておりその施術は口コミでも高い評判です。また、営業時間が夜遅くまでなので、仕事...続きを読む

「シースリーVSミュゼ」全身脱毛におすすめのサロンはどっち?

 シースリーとミュゼプラチナムはどちらも大手の美容脱毛サロンとして高い人気を誇ります。全身脱毛におすすめのサロンはシースリーとミュゼどっちなのかを、脱毛効果や予約の取りやすさ、料金やなどについてきちん...続きを読む

「シースリーVSキレイモ」全身脱毛するならどっち?

 脱毛サロンのシースリーとキレイモはどちらがおすすめなのでしょうか?費用が安いだけでなく脱毛効果の高さや予約の取りやすさなど、サービスの質も優れているので、安心して脱毛を行うことができるのが2つのサロ...続きを読む