飲酒していたり二日酔いの時は施術出来ません

月額制全身脱毛のシースリーでは脱毛を断ることがあります。それは安全のためであるため、断られるような際には素直にその日はあきらめて別の日に予約を取るようにしましょう。
断られてしまう理由の一つに「飲酒」や「二日酔い」というのもあります。アルコールが体内に大量に存在している状態の脱毛の施術は非常に危険なのです。
新年会などのシーズンも終盤ですので、そろそろ落ち着いてきたかもしれませんが、その分肝臓が疲れていたりしてお酒が残りやすくなっていたりしませんか?
ちょっと不安のある人は脱毛の前日は絶対にお酒は飲まないようにしましょう。せっかくの予約がむだになってしまうことがありますよ!
では、なぜ体内にアルコールが残っていると脱毛が出来ないのかというとそれは血行の問題が最も大きいところです。
血行が良くなると脱毛の施術を受けた時にやけどになりやすくなってしまうのです。つまり血行が良いということは本来は冷やしながら行うはずの脱毛をお肌を温めながら行っているようなものであるといえます。
そのためトラブルの原因にならないよう、脱毛時にはアルコールが入っていないことが望ましいのです。

この記事に関連するコラム

名駅店でおすすめ!最短45分で完了するシースリー!

 自分でムダ毛処理するよりも遥かに美しく面倒な手間からも解放されるのがプロの手による脱毛施術です。私の場合は名古屋のシースリー名駅店にて全身脱毛をして大満足な結果を得られたので、最新の機械での脱毛を望...続きを読む

ミュゼに通う前に見てほしい【全身脱毛ならシースリー】

 自分が納得したむだ毛の処理を受けることができるように、利用するサロンはしっかり比較して選びたいものです。今はサロンもクリニックも、むだ毛を処理できる施設が多くなっているので、なかなか選びにくいと思い...続きを読む

良い評判と悪い噂の実態

 シースリー(C3)では料金体系も安かったり施術の効果も表れやすいという良い口コミがあります。サロンに寄っては予約が取りにくいということもあるようですが、ずっと取れないということはなく、全体的に見てト...続きを読む