埋没毛が施術出来ないというのはホントですか?

シースリーで脱毛をしても脱毛が出来ない毛というのがあるのをご存知でしょうか?これはシースリーの脱毛の効果が弱いからというわけではありません。物理的に毛が抜けないことがあるのです。 それはどのような場合かというと「埋没毛」です。埋没毛というのは何らかの影響で毛穴が閉じた状態で毛が成長してしまい、お肌の表面に出られず毛嚢の中だけで成長してしまった毛をさします。 なぜこの埋没毛が脱毛出来ないかというと、そもそもフラッシュ脱毛というのは脱毛の施術から数日すると毛が抜け落ちていくものです。決してその場で毛が証明津巣つような類の施術ではありません。 そこで問題になるのが埋没毛というのは既に毛穴が閉じてしまっている状態であるということです。毛穴が閉じてしまっている状態では毛はお肌の外に抜け落ちることが出来ないのです。そのため脱毛が出来ないのです。 この埋没毛というのは代謝が進んでいけば毛穴が復活して自然と表に抜け落ちることもあります。ですが、既に毛穴の中で大きく成長してしまっていると毛穴から出ることが出来ません。そのため、埋没毛は一本ずつピンセットや毛抜きで処理することになるのです。 この埋没毛というのはお肌に刺激を与え続けると出来てしまうことが多いのです。普段から自己処理を続けているようなパーツは注意が必要です。 例えばスネなどがそれにあたります。両ひざ下脱毛の際などはあらかじめ状態を確認しておくようにしましょう。

この記事に関連するコラム

埋没毛はなぜできてしまうの?

月額制全身脱毛のシースリーの全身脱毛にも含まれるスネの脱毛ですが、スネの毛といえばよくあるトラブルに「黒いぼつぼつができてしまう」というものがありますよね? この正体は何だと思いますか?実はこれも「毛...続きを読む

乾燥したお肌はやけどのリスクが高まります

シースリーで行っているフラッシュ脱欧というのは乾燥したお肌への脱毛の施術が苦手です。なぜならフラッシュ脱毛というのは脱毛機からの強い光を黒い色に反応させて高熱を発生させる施術です。 そのためやけどのト...続きを読む