同意書があれば未成年や学生も施術出来ます

脱毛サロンのシースリーで脱毛をするときに一般社会人の方は簡単に脱毛の契約ができますが、未成年の方や学生の方は一般社会人の方よりも少し手間がかかってしまうのです。
というのも学生の方や未成年の方が脱毛の契約をするには親権者の方が、脱毛を受けることに対して同意していることを証明する必要があるのです。sの証明として親権者の同意書を親権者の方に作成してもらった上で、契約時までに提出しなければなりません。
その同意書がなければ脱能の契約が出来ないのです。
脱毛の施術というのはシースリーでも非常に料金が安く施術が行えるようになってきました。そのためどうしても簡単な施術であると思いがちですが、脱毛の施術というのはリスクが多い施術でもあります。
その中でも最も大きいリスクがやけどです。フラッシュ脱毛は高熱で毛を処理するためにやけどができてしまうことがあるのです。そういったリスクもしっかりと相談した上で同意書を作成してもらってください。
万が一の際には親権者の協力が非常に大切です。
また、この同意書というのは実は非常に簡単に作れてしまいます。そのため、なりすまして作成してしまおうと思えば出来ないことはありませんが、その行為が発覚すると法律に違反することになり、最悪は刑事罰に問われてしまうこともあります。
絶対に親権者の方、ご本人に作成してもらってください。

この記事に関連するコラム

【学生さん必見】全身脱毛ならシースリー

 リーズナブルな料金システムで全身脱毛をするならシースリーがおすすめです。月額制なら学生さんでも通いやすく、店舗の多さや永久メンテナンス保証でムダ毛の悩みにずっと寄り添ってくれます。顔やVIOラインも...続きを読む

もみあげ脱毛の自己処理・痛み・回数は?

 顔の印象を左右する要素になるもみあげの自己処理の方法や脱毛サロンでの施術を紹介します。シースリーでは全身脱毛の部位の中に入っているので長さや形など好みに応じて脱毛をすることができます。自分では整えに...続きを読む

【シースリーVSミュゼ】全身脱毛するならどっちがおすすめ?

 全身の脱毛を検討しているという人に人気の脱毛サロンを比較してみました。全身ツルツル、すべすべになるために価格や回数、保証などしっかり脱毛の効果を、実感することができるように是非参考にしてみてください...続きを読む