同意書があれば未成年や学生も施術出来ます

脱毛サロンのシースリーで脱毛をするときに一般社会人の方は簡単に脱毛の契約ができますが、未成年の方や学生の方は一般社会人の方よりも少し手間がかかってしまうのです。
というのも学生の方や未成年の方が脱毛の契約をするには親権者の方が、脱毛を受けることに対して同意していることを証明する必要があるのです。sの証明として親権者の同意書を親権者の方に作成してもらった上で、契約時までに提出しなければなりません。
その同意書がなければ脱能の契約が出来ないのです。
脱毛の施術というのはシースリーでも非常に料金が安く施術が行えるようになってきました。そのためどうしても簡単な施術であると思いがちですが、脱毛の施術というのはリスクが多い施術でもあります。
その中でも最も大きいリスクがやけどです。フラッシュ脱毛は高熱で毛を処理するためにやけどができてしまうことがあるのです。そういったリスクもしっかりと相談した上で同意書を作成してもらってください。
万が一の際には親権者の協力が非常に大切です。
また、この同意書というのは実は非常に簡単に作れてしまいます。そのため、なりすまして作成してしまおうと思えば出来ないことはありませんが、その行為が発覚すると法律に違反することになり、最悪は刑事罰に問われてしまうこともあります。
絶対に親権者の方、ご本人に作成してもらってください。

この記事に関連するコラム

名駅店でおすすめ!最短45分で完了するシースリー!

 自分でムダ毛処理するよりも遥かに美しく面倒な手間からも解放されるのがプロの手による脱毛施術です。私の場合は名古屋のシースリー名駅店にて全身脱毛をして大満足な結果を得られたので、最新の機械での脱毛を望...続きを読む

ミュゼに通う前に見てほしい【全身脱毛ならシースリー】

 自分が納得したむだ毛の処理を受けることができるように、利用するサロンはしっかり比較して選びたいものです。今はサロンもクリニックも、むだ毛を処理できる施設が多くなっているので、なかなか選びにくいと思い...続きを読む

良い評判と悪い噂の実態

 シースリー(C3)では料金体系も安かったり施術の効果も表れやすいという良い口コミがあります。サロンに寄っては予約が取りにくいということもあるようですが、ずっと取れないということはなく、全体的に見てト...続きを読む