硬毛化や多毛化を起こさないために

シースリーでは月額制全身脱毛のシステムを取り入れているため脱毛を行う際にどうしても痛みがつよいパーツも脱毛をしていくことになります。
当然痛みが強い場合には脱毛機から照射される光の出力を下げて痛みを軽減して脱毛を行うのですが、その行為にはリスクもあります。
当然、脱毛効果が薄くなり脱毛結果に影響する可能性があるというのはありますが、それ以外にも硬毛化や多毛化というトラブルを引き起こしやすいとうリスクも高くなります。
まず、この二つの言葉にもなじみがないかと思いますので説明をすると硬毛化というのは見たままではありますが、脱毛をしたはずのパーツから今までよりも太い毛が生えてきてしまう現象です。多毛化に関しては一つの毛穴から複数の毛が生えてしまったり実際に毛が濃くなってしまったりなどのトラブルです。
その原因は今でもまだ判明はしておりませんが、この症状が出やすい傾向というのは既に判明していて、それが脱毛効果の薄い産毛の脱毛や脱毛の出力を下げ過ぎて脱毛効果が発揮できない場所といわれています。
そのためあまり脱毛機から照射される光を少なくし過ぎるとこのリスクも高くなってしまうといわれています。

産毛の多い部分ですと顔脱毛、脱毛の出力の話になると痛みが強いパーツであるVIO脱毛などが上げられます。

この記事に関連するコラム

ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛の違いとは?

脱毛サロンのシースリーの月額制全身脱毛では全身すべてを脱毛するわけではないのです。なぜかというと全身脱毛をする際にIライン+Oラインまたは顔脱毛のウチ一つしか脱毛が出来ないのです。 この二つはどちらも...続きを読む

夏の時期のムダ毛の処理には注意が必要

月額制全身脱毛のシースリーは夏の季節が近づいてくると急激に脱毛希望の方が殺到します。なぜならばそれは水着になったり普段も薄着になる機会が増えるため自己処理の手間を減らしたいという方がいらっしゃるからで...続きを読む

プライバシーに配慮された店舗設計

月額制全身脱毛のシースリーではプライバシーへの配慮も人気の秘密です。エステサロンでは大抵個室で脱毛の施術を受けることが出来ますが、脱毛サロンではまだまだ半個室であったり、カーテンで仕切っただけのスペー...続きを読む