脱毛中は毛抜きでの自己処理NG

脱毛サロンのシースリーはフラッシュ脱毛で脱毛を行っています。フラッシュ脱毛はお肌の上に見えている毛にしか脱毛効果を発揮できないという特徴があるため、毛周期を意識した脱毛が必要になってきます。
毛周期というのは毛の生え変わりのサイクルのことで、常に生えている毛に対して脱毛の処理を行うためにこのサイクルに併せて、最も毛が多く生えてくるタイミングを見計らって脱毛の施術を行うのが最も良いのです。

そこで少し考えてほしいのがその期間です。人間の毛周期は2カ月から3カ月という期間が平均的であるといわれています。
そのために次の脱毛までは短くても2カ月は空毛なければなりません。その2カ月という期間を考えると途中で自己処理をしたくなることもあるかもしれませんね。
例えばわかりやすい例をとるなら両ひざ下脱毛の途中ですね毛が数本生えてくるなどということがあったりもします。
数本というレベルのむだ毛ですとどうしても毛抜きで処理したくなってしまいますが、毛抜きで処理をすると毛母細胞にもダメージを与えてしまうため次の毛が正常に生えてこず、脱毛の光が影響を与えたい毛根が傷ついた状態であるためどうしても脱毛に影響が出てしまうのです。

この記事に関連するコラム

埋没毛はなぜできてしまうの?

月額制全身脱毛のシースリーの全身脱毛にも含まれるスネの脱毛ですが、スネの毛といえばよくあるトラブルに「黒いぼつぼつができてしまう」というものがありますよね? この正体は何だと思いますか?実はこれも「毛...続きを読む

埋没毛が施術出来ないというのはホントですか?

シースリーで脱毛をしても脱毛が出来ない毛というのがあるのをご存知でしょうか?これはシースリーの脱毛の効果が弱いからというわけではありません。物理的に毛が抜けないことがあるのです。それはどのような場合か...続きを読む

乾燥したお肌はやけどのリスクが高まります

シースリーで行っているフラッシュ脱欧というのは乾燥したお肌への脱毛の施術が苦手です。なぜならフラッシュ脱毛というのは脱毛機からの強い光を黒い色に反応させて高熱を発生させる施術です。 そのためやけどのト...続きを読む