生理中の脱毛が出来ない理由

一般的な脱毛サロンやクリニックがVIO脱毛以外は脱毛可能であることやどの個所も脱毛できるなどと書いていますが、脱毛サロンのシースリーでは生理中の方には脱毛の施術は行いません。
というのも生理中の脱毛には大きなリスクがあるためです。
そこでその理由をまとめてみます。

脱毛ができない理由は3つあります。
1つ目は生理中はアンダーヘア周りはデリケートになっており、体調は良くても実際の刺激には非常に弱くなっています。
そのため脱毛をすることができません。
2つ目は生理のど真ん中の際には当然ですが出血があリます。出血している状態でIラインなどの脱毛はできません。
3つ目はホルモンバランスの問題があります。生理中はホルモンバランスが崩れております。ホルモンバランスは体毛への影響があります。
そのため脱毛を行っても効果が出ないことがあるのです。

こちらのサロンでは脱毛だけでなくバストアップも行っています。ですが、生理中にはホルモンバランスが崩れており脱毛だけでなくこちらの効果も期待できません。
そのため脱毛の施術を行っても意味がないだけでなく、敏感になったお肌にトラブルが起きないとも限りません。
そういったトラブルを未然に防ぐためにシースリーは生理中の脱毛を行っていないのです。

この記事に関連するコラム

ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛の違いとは?

脱毛サロンのシースリーの月額制全身脱毛では全身すべてを脱毛するわけではないのです。なぜかというと全身脱毛をする際にIライン+Oラインまたは顔脱毛のウチ一つしか脱毛が出来ないのです。 この二つはどちらも...続きを読む

夏の時期のムダ毛の処理には注意が必要

月額制全身脱毛のシースリーは夏の季節が近づいてくると急激に脱毛希望の方が殺到します。なぜならばそれは水着になったり普段も薄着になる機会が増えるため自己処理の手間を減らしたいという方がいらっしゃるからで...続きを読む

プライバシーに配慮された店舗設計

月額制全身脱毛のシースリーではプライバシーへの配慮も人気の秘密です。エステサロンでは大抵個室で脱毛の施術を受けることが出来ますが、脱毛サロンではまだまだ半個室であったり、カーテンで仕切っただけのスペー...続きを読む